自動車を購入する時のローンとカーローンの種類 審査基準

自動車を購入する時のローンとカーローンの種類 審査基準

自動車ローンは、自動車を買う人が利用するものですが、どんな条件で使うことができるもののことなのでしょう。手持ちのお金が心許ないときに自動車を買う時は、自動車ローンが便利です。マイカーローンや、オートローンという名前も使われていますが、内容は同じです。

 

自動車ローンといえば新車を買ったときに自動車販売会社を通して申込みをするのが一般的でした。最近は銀行やJA、労働金庫、信販会社などいろいろ選択肢があります。自動車の購入は、高いお金がかかるものですが、自動車ローンを上手に使えば賢い買い物をすることが可能です。

 

どの金融会社から融資を受けるかで、自動車ローンの内容は異なりますので、利用しやすいところを見つけてください。借り入れ金をどう使ってもいいフリーローンと違い、自動車ローンは金利が低い代わりに車の購入にしか使えません。どのくらいの金利で融資が受けられるかは、各金融会社によって異なっています。

 

可能な限り低い金利で融資を受けた方が、返済総額を低く抑えられるでしょう。自動車ローンは誰でも借りることのできるものではありません。金利が低いものほど審査は厳しくなり、金利が高いものは審査が簡単になる傾向があります。どんな自動車ローンがあるのか、車を買う時は事前に確認しておくといいでしょう。

自動車ローンの種類について

多くの人が、自動車ローンを活用して車を買っています。自動車ローンには、様々な内容があります。自動車ローンの手続きが比較的簡単にできるのが、ディーラーローンです。ディーラーローンとは、車を買った時にその販売会社の紹介で利用できるクレジット会社を使うものです。

 

一定の収入がある成人で過去に返済トラブルを起こしていなければ大抵は審査に通ることができます。

 

販売店で申込書に記入すれば手続きは販売店がやってくれる自動車ローンです。利用は簡単ですが金利は年5%〜8%です。ただし、時々低金利での自動車ローンのキャンペーンを行っていますので、タイミングを見て自動車ローンを利用しましょう。よりよい金利条件で、大口の融資を希望するならば、ディーラーローンではなく銀行や信用金庫がおすすめです。

 

ただし審査の基準は厳しめになります。必要としている金額が高額な場合、年収との釣りあいが取れていないという理由で審査を通過できないこともあるようです。自動車ローンを銀行から借りた場合、5年〜7年という長期のローンも借りられます。

 

ローンの申込みをする時には販売店の見積書や契約書が必要になりますので、審査には時間がかかるのが特徴です。JAや労金で自動車ローンを組むこともできます。他の自動車ローンに比べて金利が低く、借りるときに保証金や手数料が必要です。色々な金融会社が自動車ローンを取り扱っていますので、諸条件を確認するといいでしょう。

 

自動車ローンを申込む時の審査について

 

車を買うために、自動車ローンでお金を借りる人は多いですが、自動車ローンは審査をクリアしなけれは利用はできません。審査にを通った人だけが、自動車ローンが使えます。ローン会社によって、審査の内容は違います。それでも、絶対にここは抑えておきたいという項目は幾つか存在しています。

 

自動車ローンを組む前にもう一度自分の経済状況を見直しローンが組める状態であるかどうか確認しておくことが大切です。自動車ローンを組む場合の最低限必要な条件は自己破産や債務整理の記録がないことです。自己破産や債務整理は、一度でもやると信用情報機関にその記録が残ってしまいます。

 

もしも申し込み時に黙っていても、自己破産や債務整理の経験がある人は個人信用情報機関の記録を照合すればわかる話です。信用情報会社の記録は5年〜7年で消えるため、それまでローンは組まずにいるしかありません。今に至るまで、ローンの返済を滞らせたことがないかも審査の対象になります。

 

ローンを組んで、返済が予定どおりにできなかったことがあると、自動車ローンの審査では不利です。他にも年収や年齢、勤続年数などの個人情報も自動車ローンの審査基準になります。自動車ローンの融資限度額は年収の3〜4割程度だと言われています。超える場合には保証人が必要になるようです。

 

もしも自動車ローンを利用したいという時には、まず審査はパスできそうかどうかを確認してみましょう。